サービス内容

REACH-SVHC分析

Service



☆<NEW!>SVHC含有リスク評価の新サービスを開始しました。詳細はこちらからご確認願います。



目的

REACH規則本文 第7条2項、第33条より、成形品を製造、または輸入する事業者は以下の責務が要求されます。

届出

成形品が高懸念物質(SVHC)を1年間で1トン含有する場合、または成形品中の高懸念物質の濃度が0.1%超える場合、成形品の製造者は欧州化学品庁(ECHA)に届出をする義務が発生します。
2010年12月1日以前に候補物質とされている物質については、2011年6月1日までに、2010年12月1日以降に認可対象候補物質リストに掲載された物質は、掲載後6ヶ月以内に届出を行う必要があります。

成形品の認可対象物質に係わる情報伝達の義務

成形品が濃度0.1%以上の高懸念物質を含む場合、製造者は購入者、または消費者へ物質について関連情報を周知、提供する義務が発生します。

対象

REACH規則本文第7条(2)、第33条に従うEU域内へ輸出されるすべての成形品

閾値

高懸念物質(SVHC)濃度 0.1%

更新

高懸念物質リストは、欧州化学品庁(ECHA)により定期的に更新されます。最新の情報は下記URLを参照ください。
https://echa.europa.eu/candidate-list-table
弊社では、リストへの物質追加にともない、順次追加物質の分析対応をしておりますが、最新の対応可能項目についてはお問い合わせ下さい。

検査依頼書
ダウンロードページへ
お問合せ窓口
TEL: 045-330-1100
(平日:9:00~17:00)

お問合せフォーム
ページの先頭に戻る